컨텐츠 바로가기

새만금이란-대한민국 녹색희망 새만금! 미래ㆍ기회ㆍ약속의 터 새만금!

about samangeum

사업개요

セマングム開発事業では、群山(クンサン)〜扶安(プアン)を繋 ぐ世界最長の防潮堤33.kmを築造しており、干拓土地283㎢ と湖118㎢を造成する予定である。本事業は、東北アジアの経済、 産業、観光の中心となるべく、グリーン成長と持続可能な生態環 境を備えた「グローバルブランド『セマングム』」を建設する 国策事業である。

セマングムの位置および面積
  • 位置 : 西海岸中央部(全羅北道・群山市、金堤市、扶安郡一帯)

  • 面积 : 401㎢

  • 防潮堤の長さ : 33.9km(世界最長)

経過(History)
  • 1989-11 : セマングム事業、基本計画を樹立(農地100%)
  • 1991-11 : 防潮堤を着工
  • 2006-04 : 防潮堤の最終連結工事を完了
  • 2007-04 : セマングム内部土地開発基本構想を樹立(農地72%、産業、観光など28%)
  • 2007-12 : セマングム事業を促進させるための特別法を制定
  • 2008-10 : セマングム内部土地開発基本構想の変更(農地30%、非農地70%)
  • 2008-12 : セマン事業推進企画団が発足
  • 2009-01 : セマングム委員会が発足
  • 2010-01 : セマングム基本構想を確定
  • 2010-04 : セマングム防潮堤を竣工
  • 2010-08 : 世界最長(33.9km)の防潮堤として、ギネスブックに掲載
  • 2011-03 : セマングム総合開発計画を確定

セマングムの姿
  • セマングムの衛星写真

  • セマングムの現在